がんの転移はあなどれない|悪性腫瘍を退治しよう

医者

従来とは異なるがん治療

二人の手

免疫細胞療法は、近年、注目を集めている、がんの治療法です。がん患者の体内から免疫細胞を取り出し、活性化させた後、体内の戻すという治療法になります。人間が健康でいられる理由の1つに免疫力があること、つまり、免疫細胞が活躍していることが挙げられます。免疫細胞は数種類存在し、それぞれで役割分担しているのですが、中には、がん細胞を殺してしまう能力があり、その役割を担っている免疫細胞も存在しています。にもかかわらず、がんを発症してしまうということは、その免疫細胞が役割を果たせていないことを意味しています。その点に着目し、再び免疫細胞に、がん細胞を殺す役割を全うしてもらおうというのが、免疫細胞療法なのです。

但し、免疫細胞療法が注目を集めている最たる理由は他にあります。それは、副作用がない治療法だということです。患者本人の免疫細胞を利用するわけですから、副作用がないのは当然のことです。あったとしても、ごく軽度の副作用です。比較対象となるのは、抗がん剤治療です。がん細胞をなくすために薬を投与しますが、がん細胞以外にも影響を及ぼしてしまいますので、副作用が起こる可能性があります。がん治療には他にも放射線治療、手術がありますが、治療法や手術によっては体に負担をかけてしまうことも考えられます。こういった、従来のがん治療に付きものであった治療の辛さを克服した、患者に優しい治療法が免疫細胞療法であり、それ故に、注目を集めているのです。