がんの転移はあなどれない|悪性腫瘍を退治しよう

医者

辛い治療を覆す

新しい治療法

病院内

最近医療の現場で多く取り入れられてきているのが免疫治療法です。本来人間の体には、外部からのウィルスや病原菌を体外に排出する働きを持っています。そのため安心して生活することが可能になっているのです。しかし体の中に何かしらの異常が発生すると免疫力が低下して、外部からのウィルスなどに侵されてしまうのです。人間の本来持っている自然治癒の原理を利用して病気を治すのが免疫療法なのです。不治の病と言われている癌などにおいても免疫治療が取り入れられるようになっており、今後の医学の進歩に大きな役割を果たそうとしています。免疫治療の最大のメリットは、副作用が少ないことです。薬物による治療の一番苦しいのは副作用です。

副作用が少ない

患者に負担をかけずに治療を行う上でも免疫治療は最も効果的な方法です。薬は抗生物質で作られています。そのため飲用すると外部からの異物であると体は反応します。そのため体は最大限の免疫力を利用して体外に排出しようとするのです。これが副作用の原因です。発熱や嘔吐など体外に異物を出そうとする働きが強ければ強いほど副作用が強くなり治療が苦しくなるのです。しかしもともと持っている免疫力を活かす場合、これらの心配は無用になるのです。免疫力による軽い副作用は発生する事もありますが、薬物に関する副作用とは比でないほど楽なのです。そのため患者の体力や精神的にも負担をかかけずに治療を行う事ができるメリットを持っています。