がんの転移はあなどれない|悪性腫瘍を退治しよう

医者と患者

がんはすぐに治療しよう

男性医師

がんは人間と切っても切れない関係ですが、早期発見で治療もできます。そのため年を重ねるにつれて定期健診に行くことでがんを早期発見しましょう。全国どこでもがん治療をしてくれますので、がんを予防して健康に過ごしましょう。

詳しく見る

辛い治療を覆す

病院内

最新の医学の分野で新しい治療法として免疫治療があります。人間の体が本来持っている免疫力を利用して病気を治療する方法です。最大のメリットは副作用が生じないことです。自然治癒は体力や精神的にも負担をかけずに治療を行う事ができます。

詳しく見る

従来とは異なるがん治療

二人の手

免疫細胞療法とは、がん治療の一種であり、患者の免疫細胞を活性化させ、がん細胞を殺してしまおうという治療法です。最大の利点は患者本人の免疫細胞を利用しますので、副作用がないことです。その点は、従来のがん治療と大きく異なる点であり、それ故に注目を集めています。

詳しく見る

悪性腫瘍を退治

成長し続ける細胞

ドクター

がんは悪性腫瘍と呼ばれるもので、細胞に何らかの異常が起きて発生します。正常な状態にある細胞は必要以上に増殖しないようにする機能があるため、増えたら分化して体内のさまざまところで場所に合った働きをしたり他の細胞と入れ替わるようになっています。異常をきたしている細胞はいわゆるがん細胞のことですが、この細胞は正常な細胞にある機能に異常が起きているため増殖し続けたり転移しやすいとされています。転移とは最初にがん細胞が生じた場所からリンパや血管を通って別の場所に移り、その移動した場所でがん細胞が増殖している状態のことです。転移や増殖の進行は若い人ほど早いといわれており、その理由は血管の強さや血流の良さなどが関係しています。

再発などが起こりやすい

がんの転移や再発については、ある程度の対策ができるといわれていますが確実に防ぐことができるとは言い切れない現状です。対策ではがんの性質・種類・経過状況などを参考として、転移や再発がしやすいのかを予測します。そして、その予測に合った対策をしていきます。がん細胞には小さすぎて目に見えない場合がるので、検査でも発見しにくい時があります。そのためがんの手術や治療が終わったからといって、転移や再発が起こらないとは限らないといわれています。がん細胞は発生した場所や転移した場所によって症状もさまざまであり、再発や転移などいろいろと厄介な存在です。常日頃から心身の状態に目を向けて、少しでも違和感を覚えたら病院へ行って診てもらうと良いと思います。